KeepCupは全て送料無料になりました。予備パーツのみのご注文は除きます。

KeepCup Design

コーヒーのために特別に設計され、
すべての飲み物に愛されてきたカップ

Barista Standard

バリスタスタンダード?


KeepCupがバリスタスタンダードデザインと呼ばれるのはなぜでしょうか? それはコーヒーを飲む人だけでなくとバリスタの方にも使って頂きやすいよう考慮されたデザインだからです。
忙しいカフェで働くバリスタの使い勝手を考え、エスプレッソ、ラテ、ロングブラックなど様々なタイプのコーヒーにマッチするサイズ設計です。
KeepCupの創始者もカフェオーナーだったため、まさにバリスタがバリスタのためにデザインしたマイカップです。

グループヘッドがはまるカップ

すべてのKeepCupは、コーヒーマシーンの「グループヘッド」といわれる部分がフィットするように設計されています。バリスタもいつも通りお仕事ができて、大喜びですね。
コーヒーが出来上がってからカップを移す必要もなく、無傷のまま泡を抽出することができます。

スポッとはまる新感覚の蓋

簡単にスポッとはまる。そして、堅く外れにくい。

KeepCupは、忙しい人のことを一番に考え、多忙の中でも美味しく飲んで頂けるために工夫をもってデザインされました。

パーフェクトな一杯のために

容器の形も美味しいコーヒーをつくるために設計されているバリスタスタンダードカップ。完璧のコーヒーを作るのにも、ハートやロゼットを作るのにも向いています。

素材選び Material Choice

Glass ガラス

私たちは強化ソーダ石灰ガラスを使用しています。耐久性に優れ衝撃にも強く、食洗機で洗うこともできて、耐熱性もあるためです。こうした強いガラスではありますが、もちろん割れてしまう可能性もあります。

強化ガラスはリサイクルできますが、通常のガラス瓶よりも高温で熱しなければなりません。もう一度言います、ガラスはリサイクルできるものです。しかしあまりに量が多いため、潰して埋め立て地に送られることが多いのです。ガラスタンブラーがリサイクルされずに処分されてしまう唯一の理由が、素材の破損なのです。私たちはそれを避けるために、耐久性に優れた強化ガラスを選びました。

KeepCupでは毎年独自にガラスのテストを行い、標準の強度を保っているか、鉛とカドミニウムが含まれていないかを確かめています。

Cork コルク

自然由来で再生可能、生分解性を持つコルクは、地球で最もサステナブルな素材のひとつです。
これらは生きた木々からもたらされます。

私たちのブランドでは、ポルトガルにあるワインコルクの生産工場で出た廃棄物をアップサイクルしています。
KeepCupのコルクバンドは耐水性、抗菌作用、耐熱性を備えています。

製品全体の8%ほどの割合で接着剤が使用されています。しかしコルクの寿命がきた際は家庭用のコンポストに埋めると、生成分解できることを確認しています。

Stainless Steel
ステンレススチール

その耐久性の高さ、再生可能で長寿命であること、材質が変質することなく100%リサイクルできる資源であることから、私たちはステンレススチールを選んでいます。

18-8ステンレスは抗菌作用があり衛生的であるという特性で知られています。それゆえに内側をコーティングしたり内張する必要もなく、手入れも簡単で、金属特有の後味がすることもありません。

KeepCupは二重壁で真空密閉されているので、温かい飲み物でも冷たい飲み物でも安全で快適に持つことができ、美味しさが長持ちします。

私たちが使用している18-8 (304と表示されることもあります)というグレードは、食器やキッチン用品に最もよく使われています。ステンレススチールの「グレード」とは、クロムとニッケルの含有率を示していて、用途によってその割合が変わってきます。

Plastic
プラスチック

プラスチックに関する議論は、私たちの習慣を変えることになりました。これは素晴らしいことです。しかしプラスチックは問題の原因ではなく、症状のひとつでしかありません。問題は、こうしたものが使われる「量」です。ほんの短い間しか使われないのにもかかわらず、多大な量が使われています。

ほとんどの使い捨てカップに内張りされているポリエチレン。20個の使い捨てカップがあれば、プラスチック製のKeepCupをひとつ作ることができます。求める使い方に適した素材を選び、それを製品に使用することが、適切な量の素材を長く使っていくことになるのです。

私たちがプラスチックを使う理由は、軽くて耐久性に優れ、そして外出先でコーヒーを飲むという目的に適しているからです。製造時にかかるエネルギーが少なく、加工時の許容誤差が小さい機械のおかげで、工場で出る廃棄物も少なくすみます。軽量で積み重ねることもできるので、運送の際に発生する環境への負担も減らすことができるのです。

プラスチックはリサイクル可能なものですが、そのシステムは世界中で危機的状況にあります。私たちがプラスチックを選んだのは多くの国で回収されているからですが、だからと言って実際にリサイクルされているわけではないことは理解しています。このことはサーキュラーエコノミーや製品管理、そして政府が抱えるあらゆるレベルの環境対策における大きな議題となっています。これは私たちKeepCupのこれからの議題でもあります。

KeepCupは独自に全ての構成部品テストを行い、グローバルな食品安全基準に準拠しているか、BPA / BPSフリーになっているかを毎年確認しています。

Silicone
シリコン

KeepCupでは熱さから手を保護するため、取り外し可能なパーツにシリコンを使用しています。滑りにくく断熱性があり、BPS&BPAフリーです。

シリコンの主な原料は砂で熱によって固まります。一度固まってしまったシリコンは、再形成することができません。

また、シリコンは国内ではリサイクルできず、専門の回収工程が必要になります。クローズドループリサイクルを行っている企業や回収業者がいる場合は、シリコンを乾燥させてダウンサイクルできます。

他の素材について 🙅🏾‍♂️ Other Materials 🙅🏼‍♀️

Bamboo

私たちは10年に渡って、プラスチックの使い捨てに反対するキャンペーンを行ってきました。プラスチックの世界的な生産と使用を抑制する必要性に強く賛同しています。世界全体のプラスチック生産量における使い切り包装の割合は、年間生産量の40%を占めるとされています。

竹やPLAといったプラスチックの代替となる素材も検討してきましたが、素材同士の接着剤や、それらの寿命、使用後の扱い方まではまだ追求できていません。

竹はとても成長スピードが早い繊維です。しかし食品を入れる容器として撥水加工する際には、メラミン樹脂と合わせられるのが一般的です。最終的に、製品全体の20~60%をメラミン樹脂が占めることになります。多くのメーカーが提言していますが、メラミンを含むことでリサイクルしたり堆肥としたりすることができなくなってしまうのです。

コーヒーを淹れたあとのカスで作られたカップなど代替繊維を使った製品も同様に、その多くはポリプロピレンを配合しています。

プラスチックは使いやすく清潔です。他の素材と比べても食の安全性が高く、使い終わればリサイクルできます。こうした理由から、私たちはプラスチックを使い続けています。

Poly-coated paperboard
ポリエチレン
コーティングされた板紙について

ポリコーティングされた板紙。これは紙なのでしょうか?それともプラスチックなのでしょうか?使い捨てのコーヒーカップはプラスチックでできています。ほとんどの使い捨てカップはプラスチックの裏地が入っているのです。使い捨てカップをリサイクルすることがとても難しい所以は、このプラスチックの裏地があるからです。使い捨てカップを使って1年間コーヒーをテイクアウトし続けると1.2kgのゴミを生み出すことになります。

この使い捨てカップと同様、紙でできているような見た目をしながらも紙以外の素材を使っている容器は様々存在します。基本的に水分を長時間入れることができる容器は、すべてプラスチックの裏地がついていると考えていいでしょう。これらの容器は、紙でもなければプラスチックでもない素材となってしまい、ゴミとして溜まっていく運命にあります。

Plastic with additives
添加プラスチック

私たちの商品は、最終的には解体可能な形でお届けすることを徹底しています。ひとつの素材になるまで解体できるデザインは、リサイクルが容易にできる形に戻すということに繋がります。

食物繊維とプラスチックが混ざっている製品は「プラスクチックの使用量」という側面から環境に良いように思えるものの、生分解性の働きがなく、最終的にリサイクルされづらいという現実があります。

お米やコーヒーの殻などといったプラスチックと混ぜられることが多い食物繊維は、豊かな堆肥となります。肥沃な土壌のためには、天然肥料で栄養素を満たし、大気を脱炭素化することが重要です。このためにも、生分解できる素材を使うことことが大切と言えます。

Recycled plastic
リサイクルされたプラスチック

「リサイクル」それとも「効率的な製造」?

「何故リサイクルされたプラスチックを使わないのですか?」KeepCupの製造過程についてこのような質問を受けることがしばしばあります。

飲食の容器で「再生プラスチック」の使用を掲げている場合の多くが「製造過程で発生するゴミ」の削減に止まってしまっています。しかし、私たちは消費者の手に渡ったあと、その商品がどのようなライフサイクルをたどるかについてこそが重要な点だと考えます。

私たちは、製造廃棄物の再利用を「リサイクル」だと呼ぶことに違和感を感じます。「リサイクル」ではなく「効率的な製造」と呼びたい。工場で生まれたゴミを次なる生産のために活用すること。これは、KeepCupで当たり前のように実現している工程です。あえて「リサイクル」という言葉を使わずとも、この経済的にも環境的も役立つ手法をぜひ続けていきたいと思います。

Join the reuse revolution

Shop for KeepCup

カート 0

現在カートにはアイテムが入っておりません。